解決すべき問題を明確に

離婚届

離婚相談は、無料の離婚相談所を利用するのが一番です。夫婦のことはかなりプライベートなことなので、なかなか人に相談できないというのも事実でしょう。でも、何も決めないままただ離婚だけを先走ってしまうと、のちにとても後悔することにもなりかねません。離婚の難しい点は、そのときには別れることで頭がいっぱいになり、そこに潜む問題にまで頭が回らなくなってしまうことです。冷静に考えれば、財産分与や年金分割などは必須ですし、場合によっては慰謝料、子供がいれば養育費の取り決めなど決めるべき事項は山のようにあります。原因によっては一刻も早く別れたい、顔も合わせたくないというケースもあるでしょう。でも当事者だけでは解決できない問題を明確にして、正しく手続きを進めるためには、離婚相談所を活用する必要があります。

弁護士事務所に相談したほうがいい場合とは

離婚届

離婚相談所は、離婚をしようかどうしようか悩みを抱えた人が、一人で決断や解決ができない場合に相談できる場所です。法律的な疑問も解できますし、何より周りに知られずに無料で相談できるため、悩みで頭が回らない際にとても頼れるところと言えます。また大きな特徴は、離婚が頭をよぎったときに、とにかく話を聞いてみたいという段階でも利用できることです。もしすでに離婚を決意していて、相手に宣言したのに聞く耳を持たない場合や、相手が浮気をしていて慰謝料を請求したい、養育費で話がこじれているといった場合には弁護士事務所がおすすめです。相手ともう顔も合わせたくないといった場合にも、弁護士は自分の代わりとなって法的にすべて対応してくれるため、最適な相手と言えるでしょう。

自治体の窓口を利用しましょう

指輪を外す女性

離婚相談所では、離婚についてさまざまなことを無料相談できます。一番多いのは慰謝料についてですが、これは相手に慰謝料を請求したい場合だけでなく、相手から慰謝料請求をされている場合も該当します。問題はいくらかという点ですので、離婚相談所で概算を算出してもらいましょう。また、現在日本でどれくらいの夫婦がどれくらいの期間をかけて離婚しているかなど、最新事例も知ることもできます。そして離婚したら自分が働いて生活費を稼がないといけないという場合、就職などの相談も受け付けています。場所は、原則自治体に無料の相談窓口がありますので、市民サービスとして利用できるでしょう。ほかにもDVやモラハラなどは全国の女性センターがあったり、個人で開設していたりしますので、自分が聞きたいことを聞ける場所を探すことが大切です。アドバイスが欲しいとき、どうすればいいかわからないときに、全国に頼れる場所があることを覚えておきましょう。

広告募集中